生活保護申請方法

生活保護申請方法を教えて?

生活保護の受給者は年々増加傾向にあり、なかなか良くならない経済状況が続くと、今後もさらに増え続けることは容易に予想できるでしょう。

 

ただ、生活保護の受給は、誰でも受けることができるわけではありません。

 

生活保護の申請をしとしても条件をクリアしていない場合は、残念ながら受給することはできません。

 

この条件や審査は年々厳しくなっており、今後も更に厳しくなっていくと言われています。

 

理由としては、不正受給者の数も年々増加していることが問題とされているからです。

 

実際にもらえるかどうかが不透明な年金に期待して年金を支払うなら、いっそのこと生活保護を受給した方が良いのではと考えている方も増えているとも言われています。
とはいっても、どうしても生活保護制度を受給して何らかのサポートを受けないと、生活が困窮し、現状を続けると「死んでしまう」「ぎりぎり生きていくのも難しい」状態だったり、すぐにでもそうなってしまう可能性がある場合は、とにかく急いで各市区町村の福祉事務所の生活保護相談窓口に行きましょう。

 

 

生活保護制度は、資産や預貯金、その他の給付金や手当などを全て活用し、生活費に変えたとしても最低限の文化的な生活を送ることが難しい場合に支給される制度です。

 

ですから、障害や病気などで就労の意志はあっても就労できな方、他の給付制度を全て活用しても生活費が足りない場合、足りない部分が支給されます。

 

申請は各地域の福祉事務所にて行うことになるのですが、申込にあたってまずはケースワーカーとの面接が行われます。

 

場合によっては、この時点で受給資格がないと判断されてしまうケースもあります

 

申請に関する書類は、生活保護申請書、収入申告書(世帯全員分)、資産申告書、担当官が家庭や関係先に照会したり訪問したりすることに対する同意書などがあります。

 

これらの書類が受理されると担当者が家庭を訪問することになります。

 

例えば、親族からの援助は受けれないのかや現状の生活はどうなっているのかなどを訪問して確認するわけです。

 

ここで現状の生活を偽装などしていると、ばれてしまう事になるのですが、ここまで不正受給が多いので、ひょっとしたら申請する際にうまく偽装できるのかもしれません。

 

 

生活保護の受給についての判断は、ほとんどの場合で申請日から2週間以内の日程で生活保護が判断されています。

 

 

生活保護の受給の可否に関する通知は書面にて行われます。

 

もし条件をクリアしなかった場合、保護申請却下通知書が自宅に郵送されますが、却下について不服や疑問があれば、もう一度福祉事務所に行って説明を受けましょう。

 

もちろん、支給が決定になった場合でも説明を受けに行く必要があり、現状報告を書類にて提出する必要があります。

 

さらに、就労できるようであれば就労する必要がありますし、就職活動もする必要があります

 

ところが、残念ながら生活保護の受給者が何かと偽装して、就労も就職活動もせずに受給を受けてながら、毎日パチンコに通う姿がニュースなどで取り上げられ問題となっています

 

恐らく生活保護制度が充実して手厚くなっているため、頑張って働くことが馬鹿馬鹿しくなってしまうケースが多いようです。

 

そのため、生活保護の制度を不正に悪用するために、社会復帰ができないような理由を作り申請する方法だけが上手になってしまっているのだと指摘されています。

 

問題なのは、このような方々のせいで本当に就労したくても就労できないような方々まで、不正受給者と同じように見られてしまい、冷たい目を向けられるケースが増えてしまっていることでしょう。

 

生活保護制度の主旨を理解して、きちんと申請を行いたいものですね。

生活保護の総合情報

<スポンサードリンク>

生活保護申請方法を教えて?関連ページ

生活保護申請に必要書類とは?
面談などの事前チェックで、生活保護受給の申請が認められれば、生活保護受給申請の準備をすることになります。申請する上で必ず必要となるのが申請書です。その他には、資産や収入の申告書も必要ですが、申請書と申告書はセットになっています。