生活保護 金額 単身

生活保護の金額は単身者でどれくらい?

生活保護で受給できる金額は、単身・独身者の場合だとどれくらいの金額が支給されるの?

 

と生活に困っている単身・独身の方で気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

 

今まで何度か取り上げてきたように生活保護で受給できる金額は、生活保護を申請する方が住んでいる自治体、年齢、家族構成、障害や病気の有無、介護が必要かどうかなどといったそれぞれの背景によって、支給される生活保護費の金額は異なってきますので、一概にこれくらいですというわけにはいきません。

 

支給される生活保護の金額については、単身・独身者であったとしても、母子家庭であったとしても、家族の人数が多かったとしても、固定された一律の支給額というものがあるわけではありません。

 

たとえば、都市部においては物価が高く、それに伴なって生活費も高い傾向になることが多いので、支給される生活保護の金額は比較的高目で、地方では物価も都市部よりは安く、生活費が低い傾向になることが多いので、支給される生活保護の金額は低く抑えられていることが多いようです。

 

生活保護の金額を計算するためには、家族世帯と同じようにあなたの収入はどれくらいなのか?という所から始められます。

 

それによって、定められている最低生活費よりも収入が下回っていれば、足りない分が生活保護費としての支給額ということになります。

 

ただし、ただ単に生活費が少ないとか、収入が最低生活費以下であるという理由だけでは生活保護費が支給されるというわけではありません

 

 

少なからず様々な条件をクリアする必要があります。

 

・資産(不動産など)はないのか?
・働けない理由はきちんとしたもの(障害や病気など)があるのか?
・預貯金はないか?
・援助けてくれる親族がいないのか?

 

などといったものが主な条件になります。

 

まずは、地域の福祉事務所に相談に行ってみましょう。

生活保護の総合情報

<スポンサードリンク>

生活保護の金額は単身者でどれくらい?関連ページ

生活保護の金額の平均ってどれくらい?
生活保護を受給している方の生活保護費の平均的な金額ってどれくらいなの?細かい数字はともかく、だいたいどれくらい生活保護費が受給できるかを知りたい方も多いかもしれませんね。
生活保護の支給額を計算できるの?
生活保護で受給できる金額は、申請する方の住んでいる地域や家族構成、年齢や各種扶助の内容でそれぞれ異なっており、単身、家族がいればその家族の人数や構成、年齢、居住地域の級地や基準額なども把握する必要があります。
母子家庭の生活保護の金額とは?
母子家庭における生活保護の受給金額はどれくらいなのでしょうか?生活保護を受給するための大前提としては、資産、預貯金、受給できるその他の各種手当や各種制度を全て使い切った上で、足りない部分を補うという重要な項目があります。