生活保護 条件 金額 申請方法

生活保護とは?一体どんな制度なの?

「家庭環境の変わってしまったことで収入を得ることができない」
「働くことが困難な病気になってしまい生活が苦しい」
「母子家庭になってしまった」
「年金の受給額があまりにも少額なため生活が困窮している」

 

 

ある日突然、思わぬ不運に見舞われたとしたら、どうでしょうか?

 

一番に思い浮かべるのは生活費の問題ではないでしょうか。

 

 

このような思わぬ不運によって収入が得られない、もしくは収入が少なすぎるといった事情で、生活が困窮してしまった場合に、国民の権利である「最低限度の生活を保証」するという制度に生活保護制度があります。

 

生活保護制度というのは、「生活保護費」を支給することで、生活に困窮している人、もしくはその家族の生活や人生の手助けをしようという制度なのです。

 

 

生活保護で受けられる「生活保護費」を受取ることで、生活が困窮している状況を立て直す手段として活用できるので、生活の基盤を作ることができるでしょう。

 

不運にも収入を得ることができなくなってしまい、生活が困窮して悩んでいる方々が、生活保護という制度をうまく取り入れ、少しでも安定した生活ができるようになればいいですね。

 

 

参考までに生活保護の概要を紹介すると、

 

「生活保護とは、国の厚生労働省の定めにおいて、生活保護の受給を希望する方が資産や働ける能力など全てを活用してもなお生活に困窮する場合に、生活の困窮の状態に応じて必要な生活保護を行い、あなたが健康で文化的な生活を送れるよう最低限度の保障をし、また将来的に自立を助長する制度であるとしています。
生活保護法第一条にあるように、日本国憲法第二十五条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする制度である。」

 

とされています。

生活保護の種類を教えて!

生活保護には8種類の生活保護費があります。

 

今回は、その8種類について紹介します。

 

 

生活扶助

生活困窮者が、衣食、その他日常生活の需要を満たすための扶助で、飲食物費、光熱水費、移送費などといった保護費が支給されます。

 

基準生活費(第1類・第2類)と各種加算とに分けられており、第1類は個人ごとの飲食や衣服・娯楽費などの費用で、第2類は世帯として消費する光熱費などとされており、各種加算というのは、障害者加算や母子加算、妊産婦加算など、特別需要に対応するものなのです。

 

 

教育扶助

生活が困窮している家庭の児童が、義務教育を受けるための扶助であり、教育費の需要の実態に応じて、原則として金銭によって対応するものなのです。

 

 

住宅扶助

生活が困窮している者が、家賃、間代、地代等を支払う必要があるとき、及びその補修、その他住宅を維持する必要があるときに行われる保護費であり、原則として金銭をもって実費が支給されます。

 

ただし、上限はあります。

 

 

医療扶助 (公費負担医療)

生活が困窮している者が、けがや病気で医療を必要とするときに行われる保護費であり、原則として現物支給(投薬、処置、手術、入院等の直接給付)によって支給され、その治療内容は国民健康保険と同等とされています。

 

この医療扶助は、生活保護指定医療機関に委託されて行われていますが、場合によっては指定外の医療機関でも給付が受けられます。

 

ですから、予防接種などは対象とならないというわけです。

 

 

介護扶助

要介護又は要支援と認定された生活困窮者に支給される保護費です。

 

原則としては、生活保護法指定介護機関による現物支給によって支給されます。

 

介護保険とほぼ同等の給付が保障されていますが、普及が進んでいるユニット型特養、あるいは認知症対応型共同生活介護、特定施設入所者生活介護は、利用料(住宅扶助として支給)の面から制限があります。

 

 

出産扶助

生活が困窮している者が、出産を希望したときに支給される給付です。

 

原則としては、金銭によって保護費が給付されます。

 

他法優先のため、児童福祉法の入院助産制度が優先適用されるので、生活保護の出産扶助は、自宅出産などのような指定助産施設以外での分娩などでしか適用されません。

 

 

生業扶助

生業に必要な資金、器具や資材を購入する費用、又は技能を修得するための費用、就労のためのしたく費用などが必要な場合に支給される扶助であり、原則として金銭で支給されます。

 

ちなみに、平成17年度より高校就学費がこの扶助により支給されています。

 

 

葬祭扶助

生活が困窮している者が葬祭を行う必要があるときに支給される保護費で、原則としては、金銭により支給されます。

 

 

以上、8種類の扶助があり、要保護者の年齢、性別、健康状態等その個人または世帯の生活状況の相違などが考慮され、1つあるいは2つ以上の扶助が行われます。

生活保護の総合情報

<スポンサードリンク>